延命院について

延命院のはじまりは寺伝によると江戸初期慶安元年(1648年)、後の徳川幕府第四代将軍徳川家綱の乳母、三沢局が開基となり、七面大明神を守護する別当寺として日長により、新堀村(現在の日暮里)に開創されました。 山梨県身延の七面山に百日参籠し、霊夢をこうむり、祈祷法と七面大明神の鱗を授けられた日長が、寛永17年(1640年)、三代将軍家光から安産の祈祷を命じられ、翌年家綱が誕生したことを受けて建立が許されたといいます。社殿等は残らず大奥から寄進されたとされています。慶安4年の家綱の将軍就任後、徳川家の永代祈願所となり、庇護されました。 延命院の七面大明神は江戸の中でも最も古い七面大明神の一つであり、江戸時代前期から江戸名所の一つとして知られ、多くの参詣者を集めました。特に江戸城大奥から信仰を集め、正室の代参(本人に代わっての参拝)や、女中の祈願が盛んに行われたことで知られています。 そして現在もなお、延命院には色々な願いをもった方がご参拝下さいます。人の祈りは目に見えませんが、おまもりというひとつの形として手元に残すことができます。 毎日を大切に過ごし、常不軽菩薩のような謙虚な気持ちを忘れぬことで、きっと神仏のご加護をいただくことができるでしょう。 七面大明神おまもりは、従来のお守りの形状を大切にしながらも、現代的なカラフルでポップな色を揃えました。おまもりは大切な人にプレゼントしても構いません。このおまもりをきっかけに、皆様に更なるご多幸とご健勝がありますこと、心よりお祈り申し上げます。 日蓮宗延命院公式サイト https://enmeiin.net/ 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-10-1 TEL:03-3821-3995 MAIL:enmeiin76@gmail.com